分子薬理部長 新谷泰範
プロフィール
1997-98年 大阪大学医学部付属病院 研修医(旧第一内科)
1998-2001年 桜橋渡辺病院 (医員、循環器内科)
2005年 大阪大学大学院医学系研究科修了 博士(医学)
2005-2007年 大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 研究生
2007-2013年 ロンドン大学クイーンメアリ校 ポスドク 2010年より自身でグラントを獲得し、心筋、神経細胞におけるTLR9の役割に関する研究を展開(New Investigator Research Grant (MRC grant code; G1000461、直接経費£323,094)
2013-2017年 大阪大学大学院医学系研究科医化学 助教
2017-2019年  同上 准教授
2019年-   国立循環器病研究センター研究所分子薬理部部長

分子薬理部では医療につながる、患者さんの役に立てるような研究を目指しています。研究の1つの軸はエネルギー産生の根幹であるミトコンドリアの呼吸鎖活性調節です。呼吸鎖活性の低下は神経変性疾患、糖尿病、代謝病、癌など多くのヒトの疾患でその病態形成との関連が指摘されています。私たちが開発している呼吸鎖機能の活性化剤によるミトコンドリア病の治療薬開発を目ています。また呼吸鎖の活性阻害は生物種特異的に行うことができれば、バクテリアや寄生虫を標的とした抗生剤の開発にもつながります。そのためにX線結晶構造解析、計算化学を組み合わせたrationalな創薬を提案しています。そのほか、新規創薬標的となるような新規機能分子の探索研究は大学院生の頃から取り組んでいます。細胞間接着をあしがかりに心臓の特性に迫りながら、誰も想像していなかったような分子、因子、現象の発見を夢見て、ヒト疾患まで展開できるような研究をしていきたいと思っています。

researchmap
researchgate
大阪大学紹介記事